ホテル到着直前の一本道の道路決壊 迂回に14時間とカーフェリー二回乗り継ぎ

こんな事有か ホテル到着直前の一本道の道路決壊 迂回に14時間とカーフェリー二回乗り継ぎ

7/24 予約の宿の到着20km手前で、E6が崖崩れで通行止め。何の予告もなくその場で(有ったかも知れないが ノルウェー語では理解できない)。私以外にも続々来るから、大雑把なヨーロッパで良くあること。
云われたとおりに30km戻り、Oltenから868号に入る。30km走ってもカーナビは案内せず、しきりにUターン せよと云う。不安になり又E6に戻ることにする。トロムソから来るときに、途中にアルタ方面の案内が有ったのを思い出す。
それを行けば良いのではと、トロムソ近くまで90km戻り、Ramfjordbotenから91号に入る。23kmほど走ったら道路が突然無くなり フェリー乗り場になって居る。建物が有ったりせずに道路から直接フェリーの甲板へ乗りこむ。15分程の乗船で、102クローネ である。
船内は設備も良く、ラウンジで珈琲飲みしばしの船旅を楽しむ。
フェリーを降り、更に三十分ほど91号を走りRyngenへ。ここから更にフェリー乗り継Kafjordへ行くのであるが、 普段は利用の少ないルート、船も小さく輸送量は限られる。幾ら空いているノルウェーの高速でも、完全閉鎖でこの道以外に 迂回路は無い。この道とて迂回に100kmを超すのである。
フェリー乗り場たどり着いたが長蛇の列。長い忍耐の時間・・女性はトイレにも苦労している。
私は食事は都合の良いことに、 昨夜の残りの、ちらし寿司が有る。お茶でも沸かそうと思ったが、ひんしゅくを買うかと思い思い止まる。・・・
近くにレストランでもあれば飲んで待てるのだが、そんな物も無い。
やっと6時間待って乗船できた。フェリー乗り場のRyngenからフェリーに乗り、 Kafjordまでの40分の船旅 。下船し通行止めの E6に入りやっとの思いで宿に夜中の三時近くに着く。チェックインが20時までとなって居たので、部屋番号を聞き、鍵を開けて置くように 頼む。そう云えば今年の二月にフランスへ一人でスキーに行ったときも、雪で高速の事故でバスが六時間遅れ、 夜中の二時にスキーリゾートに着き、予約のアパートに入れずに苦労したことを思い出す。なにか最近は付いていないね   悲しい

[関連記事]:

    None Found

コメントを残す