レンタカードライブ

ホテル到着直前の一本道の道路決壊 迂回に14時間とカーフェリー二回乗り継ぎ

こんな事有か ホテル到着直前の一本道の道路決壊 迂回に14時間とカーフェリー二回乗り継ぎ

7/24 予約の宿の到着20km手前で、E6が崖崩れで通行止め。何の予告もなくその場で(有ったかも知れないが ノルウェー語では理解できない)。私以外にも続々来るから、大雑把なヨーロッパで良くあること。
云われたとおりに30km戻り、Oltenから868号に入る。30km走ってもカーナビは案内せず、しきりにUターン せよと云う。不安になり又E6に戻ることにする。トロムソから来るときに、途中にアルタ方面の案内が有ったのを思い出す。
それを行けば良いのではと、トロムソ近くまで90km戻り、Ramfjordbotenから91号に入る。23kmほど走ったら道路が突然無くなり フェリー乗り場になって居る。建物が有ったりせずに道路から直接フェリーの甲板へ乗りこむ。15分程の乗船で、102クローネ である。
船内は設備も良く、ラウンジで珈琲飲みしばしの船旅を楽しむ。
フェリーを降り、更に三十分ほど91号を走りRyngenへ。ここから更にフェリー乗り継Kafjordへ行くのであるが、 普段は利用の少ないルート、船も小さく輸送量は限られる。幾ら空いているノルウェーの高速でも、完全閉鎖でこの道以外に 迂回路は無い。この道とて迂回に100kmを超すのである。
フェリー乗り場たどり着いたが長蛇の列。長い忍耐の時間・・女性はトイレにも苦労している。
私は食事は都合の良いことに、 昨夜の残りの、ちらし寿司が有る。お茶でも沸かそうと思ったが、ひんしゅくを買うかと思い思い止まる。・・・
近くにレストランでもあれば飲んで待てるのだが、そんな物も無い。
やっと6時間待って乗船できた。フェリー乗り場のRyngenからフェリーに乗り、 Kafjordまでの40分の船旅 。下船し通行止めの E6に入りやっとの思いで宿に夜中の三時近くに着く。チェックインが20時までとなって居たので、部屋番号を聞き、鍵を開けて置くように 頼む。そう云えば今年の二月にフランスへ一人でスキーに行ったときも、雪で高速の事故でバスが六時間遅れ、 夜中の二時にスキーリゾートに着き、予約のアパートに入れずに苦労したことを思い出す。なにか最近は付いていないね   悲しい

セメリンク鉄道 世界遺産

セメリンク鉄道はウィーンから南へイタリアのアドリア海に至る鉄道で、世界で初めて世界遺産に登録された鉄道であるる

アルプスの数々の峠を越える難工事の末、1854,年に完成している貴重な鉄道遺産である。この鉄道は自然豊かなアルプスの中に幾つものトンネルや石造りのアーチ状の美しい鉄道橋で結ばれていることです。それも鉄やセメントは出来るだけ使わずに自然の石を使って出来ているために自然にマッチして美しいのです。

DSC00399 セメリンク鉄道 世界遺産

DSC00402 セメリンク鉄道 世界遺産

セメリンク鉄道で一番高い896mの地点にはセメリンクの駅があります。この鉄道の建設の技師のケガの碑があるだけで何もありません。駅長さんは常駐して気持ちよくツーショットに応じてくれます。下の部落まで歩いて三十分は掛るそうですが、タクシーや観光バスで訪れる人は多いです。
セメリンク鉄道は日本でも人気があり、ツアーの目玉にもなっています。ところが、セメリンク駅の近くには何もなく、まして普通しか停車しないために訪れるツアーはないです。もし、ここで下車しても急な山道を何キロも歩かなくてはならず一日かかりです。列車に乗ったまま鉄道橋を見るわけですがそれでもカーブがありますから素晴らしい眺めですね。

DSC00405 セメリンク鉄道 世界遺産

DSC00406 セメリンク鉄道 世界遺産

DSC00410 セメリンク鉄道 世界遺産

DSC00414 セメリンク鉄道 世界遺産
私はこの素晴らしい鉄道橋を直に見て触ってみたかったのです。鉄道技師のケガの夢をを少しでも共有してみたかった。
カナダのヨーホー国立公園のキッキング・ホース峠からフィード方面に下ったところにある。スパイラル・トンネルも難工事で凄かったことが資料館にあり感動しました。その時の工事の残骸が山の中にも残っていて如何に大変な工事で多くの犠牲者が出たことかと。
セメリンク鉄道も難工事の様子が、橋のたもとにに今でも保存してあると云うか残っています。こんなのを見て当時を偲ぶ旅はレンタカーを利用したのんびり旅行しかできない、醍醐味ですね。

二重のアーチの鉄道橋を探しましょう・・・レンタカーでのアプローチ

セメリンク鉄道の高架橋は山の中にあり適当な交通機関はありません。セメリンク駅まで普通列車で行き、急な小道を歩けば行けないことはないが一日仕事です。近くの部落からタクシーを駅で呼び寄せて歩くのも手です。

私はレンタカーで行きました。オーストリアからグラーツに行く途中で寄りました。オーストリアから高速のS6乗り途中トンネルから出てすぐのインターを降ります。L4168を道なりに走り、途中から゜右折します。道は狭くなりますが四メートルくらいあり。しばらくすると鉄道が見えてきて右下にセメリンク駅が見えます。駐車場もあります寄って行きましょう。ゲガの記念碑もあります。更に進むと右下に降りる狭い道があります。よく見ると正面遠方に鉄道鏡が見えてきます。よくまわりを見て鉄道を探すと、あちこちに鉄道橋が見えます。二重のアーチの鉄道橋を探しましょう。必ず感動で涙が出てくることと思います。

segment セメリンク鉄道 世界遺産

フィンランドのタンペレで、またもスピード違反

今日も又スピード違反 フィンランドのタンペレでフラッシュを浴びる
昨日のスピード違反で懲りて、細心の注意をはらっていたのに、又もや100kmから標識に従い80kmにスピードダウンをした直後に捕まりました。前の二台に追従していたのにね。60km制限の標識の見落としです。動体視力が落ちているので遠くからは見えません。普通は80km制限の標識の所からエンジンブレーキで減速しますが、フィンランドはそれでは間に合いません。フットブレーキを掛けます。その標識も日本よりも小さくて、電柱に付けてあったりします。
ほんの一キロの間に、三か所も有るところが有ります。しかし皆さんは上手に抜けていきます。今日は赤では無くて普通のフラッシュでした。これでは景色を見ながらのドライブとはなりません。税収対策にしても余りにもひどく疲れる国です。
昔王子さまのコメントだと、罰金は所得に応じてだとか。どうやって決めるのかね。今まではレンタカー会社を介してカードで引き落とされる事が多かったですが。フィンランドでは所得証明書が必要?
それにしても今までの最高が648万円とはびっくりですね。初め万を見落として648円なら気にすることは無いなと一瞬思いましたよ  笑い

「車のボンネットから煙が出る」  北欧ドライブ一人旅

又トラブル「車のボンネットから煙が出る」  北欧ドライブ一人旅。

毎日雨が続きボンネットが濡れているが、止まる度にボンネットの辺りに白い煙の様なものが 漂う。雨続きで水が止まった拍子でエンジンルームにかかり、それが蒸気になって出ているものだと 軽く考えていました。
ところが、久しぶりに晴れた8/2のリトアニアの、杉原千畝記念館に行ったときです。停車するとボンネットから 白い煙か、湯気の様なものが漂う。
気になるのでボンネットを開けてビックリ、エンジンカバーが油だらけで、エンジンオイル注入口から ブロウバイガスか煙のように噴き上げている。オイルキャップが無いではないか。よく見るとラッキーなことに エンジンの隙間に引っかかって居ました。ついでにこの前エンジンオイル切れで補充用のオイルを足して 蓋をして一件落着。
昨日ラトピアの最高峰を登りに行った時に、往復100km位が未舗装の道でした。洗濯板の様な道を飛ばしたので その振動で、共振したのか、蓋の閉め方が悪かったのか、外れたのでしょうね。
一時間走っても数台すれ違っただけの、バラス道。ハンドルの自由も効かず、ブレーキも無くなった様な、 水の上を滑っているような感じになる時が有りましたが、さすがフォルクスワーゲン、それでも安心して走れました

エストニアで駐車違反 北欧ドライブ一人旅

又もやエストニアで駐車違反 北欧ドライブ一人旅。

二日続けてスピード違反で引っかかり、これで終わりと思ったら、二度あることは三度あるですね。
昨日ヘルシンキからフェリーに乗りエストニアのタリンに泊まりました。宿に駐車場がなく近くの公営駐車場 を紹介されました。24時間20EURでしたが、手持ちが2EURしかなく、一時間分でしたが取りあえず入れて置きました
少し遅れて車に戻ったら駐車違反の切符がウインドウに挟んである。何と30EURの罰金である。
8/12までに払えと書いてある。よく見てみると、車のナンバーは合っているが、国名がESTとなっている。
私の車はドイツである。間違えてエストニアと書いてある。これなら、ドイツのレンタカー会社には請求されない と思います。不幸中の幸いです。(でも、取り締まりを見ていると、カメラでも撮っているから油断はできない)
頭に来たので、別の駐車場を探したら、24時間15EURがありました。チケットを買おうとしていると係員の人が 車で乗り付け「券売機が故障中、無料で開放と張り紙」 儲けてしまいました。罰金は来ないし?駐車量は只。
それはそうですよね、主人が一泊12EURのホステルに泊まって居るのに、車が20EURなんて納得いかないものね。
それにしても、リトアニアは中世雰囲気そのままで素晴らしいところです

フィンランド ユヴアスキュラでスピード違反 

遂にスピード違反 フィンランド ユヴアスキュラで

今日7/27にフィンランドのユヴアスキュラで、突然赤いライトが目の前で炸裂。ユヴアスキュラで道に迷い やっと高速に乗りホッとした瞬間です。100km制限が80kmになりました、分岐する道もあるからねと思いながら
80kmで進むといきなり赤いライトの炸裂です。カーナビの速度制限表示を確認すると60kmとなって居ます。
スピード制限の看板を見落としたようです。
北欧はドイツ、フランスよりもスピード違反の取り締まりは厳しいですが、ここフィンランドは特別に厳しいです。
通過するのに数百メートルの街に、100kmから80kmに制限になったところに、監視カメラが一台。80kmから60kmになった 所にも一台。時には100kmに解除になったところにも設置されている。60kmの制限の標識のすぐ後ろに有ったり。
スピード制限の標識を見逃さないように、目を皿にしていないと見逃します。景色を楽しむどころでは無いです。
考え事も駄目ですね。ノルウェーは道路の雰囲気で制限速度が推定できました。ところが、フィンランドは それが通用しません。住宅が道路沿いにあるのに、制限速度が100kmで有ったり、さっぱり判りません。
ドライブ旅行が一寸も楽しめない国ですね。

ノルウェー レンタカーのエンジンオイルが無くなる 北欧ドライブ一人旅

レンタカーのエンジンオイルが無くなる 北欧ドライブ一人旅。

レンタカーを長期に借りる場合は、完全に整備された車と思っていました。こんなことは初めてです。
借りてから7500km走行の時でした。ノールカップのマーケロイテ島を登り始めて、しばらくするとと突然一瞬 オイルジョッキーのマークが出で消えました。以前から小さな黄色の三角の印が点灯するので、気になって居ました。。
これは一大事とエンジンオイルをチェックしてみました。
案の定、計測の指定の範囲にはオイルが付かず、点検棒の先に汚れたオイルが付くだけ。危なかったですね、このまま ホニングスヴォーグまでと思っていましたが、あの坂道ではエンジンを駄目にしたかも。
来るときに、フィンランドとの分かれ道の交差点にガソリンスタンドが有るのを思い出し、下ることにする。
ところが、こちらのガソリンスタンドは、コンビニに併設されたようなスタンドで、日本のようにオイル交換 のようなことはやって居ない。オイルは無いかと聞くと、売っては居るという。ついでに、コーヒーを飲んでいる お客さんに頼んでくれる。幾種類もないがディーゼル用を探してくれる。1Lで98NOKである。
早速補給して、事なきを得た。気持ちエンジンが軽くなったかと思う。
そう云えば、車を借りるときに基本の保険以外に、免責額ゼロ保険、タイヤのパンク、車上あらし・・・・ 等でレンタカー代と同じくらいになる保険をしつっこく勧めました。
以前は所謂フルカバーで入って居ました。ところが無駄なので最近は入って居ません。
例え、パンクでも勝手に直したら保障されない。事前に了解を得て直すことになって居る。言葉の壁から このやり取りの難しさからも入らないことにしています

ノルウェー最北端(ヨーロッパ)ノールカップ

ノールカップは霧で、沈まない太陽が見れず 北欧ドライブ一人旅

今回の北欧ドライブ一人旅の楽しみの一つであった、ノールカップ。ヨーロッパ最北端のノールカップでは沈みかけた 太陽が沈まずに、海面を横に移動して沈まない。そして、又昇り始めるのを見たさに、7500kmも走ってきた。
7/13から連日小雨ですが、強運の私はロフォーテンでは晴れさせましたが、その後雨です。
ノールカップは又も奇跡かと思われる天気が、昼過ぎまで続きました。ところが、近づくに従い上空に冷えた 空気が舞い降りてきたのか、ガスが出始めました。ノールカップへの道はガスで車の運転も支障をきたすほど。
ノールカップホールで時間待ちをするも、一向に晴れずに、午前三時過ぎにやっと横に移動中の太陽が顔を見せました。西に沈んでから、北海を西から北に水平に東まで移動して、そのまま登りだした。沈むところから全て見たかったが残念でした。駐車場には多くのキャンピングカーが駐車して、この一大ショーを待っていた。世界中から押し寄せた観光客は、沈むまでを見てホテルに帰って行った。
本当ならこの様に太陽が移動するそうです。

北欧 スピード違反の取り締まりは厳しい  北欧ドライブ一人旅

スピード違反の取り締まりは厳しい  北欧ドライブ一人旅。

スエーデンの高速は無料ですが最高速度は130kmです。その他主要道路は100~120kmで、 大方はルールを守って走って居ます。スピード違反の取り締まりはフランス、ドイツ以上に厳しく 住宅地に近ずくと110⇒70⇒50kmなり、そこにはスピード違反の取り締まりの警告看板と、スピード違反の取り締まりの
カメラ設置されています。住宅が無くなると、一気に100kmになります。ところが70kmに緩和される時もある。次を予測して100kmにスピードを 上げると、そこに二台目のカメラが有る 笑
トンネルは遂スピードが出勝ちです。出たすぐのところにカメラが有る。これも抑止には良いですね。
うっかり標識を見落とすと、100%違反でレンタカー会社を通して罰金の支払いをさせられます。フランスの場合はネットでカードでの 支払いでした。
知らずに走って居ると一日に何回でも違反してしまいます。
今回も意識しだしたのは、スエーデンに入ってからですから、既に違反しているかも。
ノルウェーに入っても同じような感じで、あちこちに設置してある。標識よりも住宅を見つけたらスピードを落とす癖を 付けないといけません。
日本のようにスピード違反が常習化している国では、制限速度を高めて、事故につながる市街地では徹底して自動化 して取り締まって欲しいね

ノルウェー ナルヴィークを訪ねて

ナルヴィークを訪ねて

トロンハイムからナルヴィークを通って、スエーデンのキルーナに行く予定で有ったが、天気が悪いと思い トロンハイムからしばく走り、スエーデンに入ったので、ナルヴィークをは行っていない。
ロフォーテンにからノールカップにはナルヴィークは通らない。
ナルヴィークをの言葉の響きと、第二次大戦の激戦地として心に残る。
この機会を無くしては二度と来れない思い、寄り道をする。そして1940年4月9日に、一年中凍らない海のお蔭で、 ドイツ軍に侵略される。目的はスエーデンのキールナで取れる、貴重なスエーデン鋼の積み出し口のナルヴィーク
を確保する為である。
6月7日に奪還するまでには、イギリス軍も交え、フランス、ノルウェー、ポーランドの 軍隊との激戦は歴史に残るものであった。その大きな犠牲をはらった人々を葬ったのは、数キロ離れた高地の湖 の畔のOseである。
記念碑が建てられて、今でも熱く称えられている

オスロからフロムまで山岳道路ドライブ

オスロからフロムまで山岳道路ドライブ

オスロからいよいよ待望のフィヨルドランド入ります。高速を利用するならE15でフロムまで直行です。または7号でゴールGolまで行き、そこから
55号を北上してE15に合流してフロムまでです。どちらも二車線~一車線のまあ快適な道です。ベルゲン行の案内がしてあり、中国人を乗せた 観光バスはこちらを走って行きました。
私はGolから左折してしばらく走り山岳ドライブの50号に入りました。すれ違いには問題ないのですが、所々狭くなり神経をすり減らします。
特にトンネルがは素掘りの岩むき出しで、照明もなく極端に狭く、路面も黒くて車幅の確認が出来ません。それが制限速度70kmです。
すれ違いの瞬間は目をつぶって居ました  笑い
でも、その甲斐あって御覧のような素晴らしい景色。海抜はわずか1200m程ですが雪に覆われ、湖には溶けないで山から落ちた雪が浮かんでいる。
峠からVassbygdevatnet湖の眺めとフィヨルドは素晴らしかったです。
峠に入る前にTorpoのスターヴ教会を外から見学する。ウルネス式の古い教会と新しい教会が並んでいる珍しい光景です。
これも走って居て偶然に見つけたものです。

オスロの宿も見つからない

オスロの宿も見つからない。

オスロは大きな街で、出入りの高速も大渋滞でビックリです。
中央駅から歩いて十分程の駐車場とキッチン付きのドミトリーを予約しました。ネットで見ると大きな建物でこれなら簡単に探せるとたかをくくっていました。
カーナビは親切にも建物の裏側の共同の駐車場を案内しました。
建物は見えるのですが、看板は同居しているコンピュータ学校とか、会社の看板が出ている。
通りかがった若者も一緒になって探してくれるが中々見つからない。携帯を駆使しても、平地でなく段差になって居たので見つからない。
そこから二階分降りた道路に出て、通りがかりの人に聞いて、やっと小さな看板を見つける。
お礼を言って別れたが、入口は又キーセーフボックイになって居る。
それを押して、更に小さな案内に従い七階へ上がる。フロントが有るかと思いきや。又キーセーフボックス。
四桁の番号を入れてやっとフロントで受け付けられる。
観光スポット誰に聞いても解決できるが、小さな宿は散歩しているような地元の人に聞かないと判らないですね。
安い分リスクもある。

デンマーク・ルンドの宿が見つからない

デンマーク・ルンドの宿

看板も表札もない宿!! どうして探すの

7/7にデンマークからオーレンスンド橋を渡り、スエーデンのマルメに入りルンドに泊まりました。今日の宿はキッチン付きと 安さで選びました。
ルンド大学の芝生が気持ちよくて朝寝をしてしまいましたが、変な予感がして、早めにカルマルの宿に向かいました。
グーグルマップのストリートビューで見えなかったので、早め着いて正解でした。
カルマルの中心街から4km程の住宅街にありました。
カーナビの緯度経度で入れてあるから、先ず行けるはずですが。
ところが、カーナビは閑静な建売風の住宅街を示している。ペンション風の建物は一つもなく、一瞬カーナビの入力ミスかと疑いました。
キョロキョロしていたら、近くのおばさんが二番目の建物だと教えてくれる。
変な外人がチョロチョロしているのでペンションのお客だと判ったのでしょうね。
ところが、二番目家の表示の住宅には表札も看板もない。郵便受けに名前も書いてない。
そうしたらご主人が現われて、ミスター・・・と呼びかけてくる。
なんのことははない、定年後の部屋貸をしている宿でした。
言葉と風貌がおかしかったので聞いてみたら、25年前に中国から移住してきたとのこと。
中国人は実に逞しいです。何処の観光地も若い人でごったかえししていますが、ただ旅行をしているだけではありません、なかには 将来何処で儲けようかと 情報を収集しています。泊まったペンションでは、これを売ってくれないかと云ったり、売りに出そうな物件は無いかと訪ねるそうです。

VW POLOディーゼルは1400cc 衝撃の性能 190km/燃費24k/L

VW POLOディーゼルは1400cc 衝撃の性能 190km/燃費24k/L
フランクフルト空港のレンタカー会社のオフィスで、レンタカカーの予約票を無くしたと云ったら、肩をすぼめていたね  笑い
はじめアウディーと云っていたのに、印象を悪くしたのが急に担当者が代り、受け取ったのはワーゲンのディーゼルのポロでした。
昨年と同じです。昨年はフランスで最高130kmしか出せずにストレスが溜まって居ました。
フランクフルト郊外はしばらくは130kmの制限速度ですが、フルダに近くなるとフリーになります。
ドイツのドライブの楽しみの一つは、車の性能と運転技術で、ハイスピード運転が楽しめることです。ドライブの醍醐味の一つで車好きにはたまらないですね。
ドイツの、ダウンサイズしたディーゼルのターボの実力は気になって居ました。この1400ccのディーゼルエンジンのポロは矢張り力不足で、190kmから上がりませんが、国産のガソリン車の2L~2.5L位の実力でしょうか。
アウトバーンでも充分に通用します。4速で引っ張れば200km越えるのではと今度試してみます。ディーゼルはウルサイ、走らない、臭いは昔の話。今は静かすぎてエンジン音が聞こえずに、クラッチのミートが上手くできない位です。山道ではガソリン車より断然速い。燃費も良く24km/Lは越えます。
一昨年のBMW 2Lのディーゼルは210kmでも余裕があったのに、ノルウェーの山道には燃費の良いこの方が向いているかもと諦めますただ、BMWのハンドルの素晴らしさ、ベンツの真綿で包み込むようにブレーキには程遠いです。